おせち料理の口コミ情報

おせちは2018年のランキングを見てから購入

今年のおせちは久しぶりに通販のおせちを用意しました。ここ数年の年末年始は夫の実家に帰省するのが恒例でしたが、私が第二子妊娠中のために自宅で過ごすことにしたのです。

子どもが生まれるまではお正月は自宅で過ごしていたので、夫婦だけで食べるおせちは通販のおせちでした。そんなわけで久しぶりの通販のおせちなのですが、失敗がないようにおせち料理は2017年の人気通販ランキングサイト上位の人気おせちを購入しました。

お正月早々、ハズレのおせちを食べることになっては残念ですからね。それに、上の子は今3歳で何でも食べることができるようになってきたので、なるべく安心して食べさせることができる美味しいおせちを用意したいと思ったのです。

おせちランキングの上位のおせち料理

実際届いたおせちは、とても見た目にもとても華やかで美味しいおせちでした。味付けも薄味で我が家好みの味だったので、飽きずにあっという間に食べてしまいました。義母が用意するおせちも美味しいのですが、たまには通販のおせちを味わうのもいいですね。

購入できる年はなるべく購入しようと思っています。近頃のおせち料理は価格の割に豪華だったので驚きました。親戚なども利用したことがないといっていたので勧めたいと思っています。

続きを読む

おせちは人気の通販で購入したい姑

来年のお正月は初めて義実家で過ごします。結婚して2年目になりますが、最初のお正月は義実家がリフォーム中だったためにお正月は挨拶しに尋ねなかったのです。そして来年のお正月が初めて義実家で過ごすことになるのですが、

 

おせちはどうしたらいいのか今から心配になってきました。


学生時代の友人の中には、お姑さんと一緒におせちを手作りするという人もいます。料理嫌いの私としては、それは一番避けたいパターンです。夫に義実家のおせちはどうしていたかを聞いてみたのですが、

 

夫はおせちが手作りなのか購入したものなのかはよく分からないとのこと。


それもどうかと思うのですが、悶もんと心配していても仕方ないので思い切って姑に確認してみました。結果、人気おせちの通販で購入しましょう!とのことで一安心。

姑曰く、以前は手作りしたこともあったようですが、昨年仮住まいで迎えたお正月に初めて通販のおせちを購入してみたところ気に入ったようなので来年もリピートしたいとのことでした。

続きを読む

美味しい老舗のかまぼこ

徳島県徳島市富田浜1丁目8 有限会社岡久蒲鉾店 特上板付け 1350円 5個位 購入した商品は、手を加えずにそのままわさび醤油でいただきます。元の味がとても良いので、もったいなくて手を加えることができません。

それだけで、ご飯のお供にもなりますしもちろん、お酒のアテにも抜群です。主人との晩酌の時に、いつも食べています。お店を知ったきっかけは、祖母がここの板付けが大好きで良く買いに行っていたからです。

特上板付けだけでなく、他の練り物も今では珍しく鮮魚から作る自家製すり身に安心・安全な調味料を使って作った商品です。徳島近海で取れる新鮮な白身魚を朝4時すぎに市場で仕入、家族総出で仕込んでいるそうです。

鯛ちくわやトウガラシを練り込んだピリ辛天、ひじき天など、他のお店ではあまり作られていないオリジナリティーあるものが並んでいます。徳島では、結婚式の引き出物と言えば昔はここの紅白の板付けが主流でした。今も蒲鉾の文字は職人さんの手書きで一つ一つ作られているそうです。

長野土産定番の味「栗おこわ」

長野の小布施と言えば栗が有名ですが、数ある小布施周辺の栗専門店で私が特に好きなのは「竹風堂」。中でも直営店のみで購入が可能な「栗おこわ」は大好きです。もう20年以上前ですが、松本観光をした時、地元出身の友人が教えてくれたのが最初のきっかけでした。

出来たてほやほや、しかも日持ちがしないので、帰り際に買ったものを家に着いてから食べたのですが、ほんのりと甘く煮た大きな栗がもっちりとしたおこわの中にたくさん入っていて、あまりの美味しさに大ファンになってしまいました。

以来、長野へ旅行する時には、わざわざ最寄りの店に立ち寄る時間を作るほどお気に入りです。一人前864円から人数に応じた折詰があります。おこわ以外にも定番の栗羊羹や栗鹿の子など、国産の栗を使った美味しい栗製品がたくさんあり、嬉しいことに栗おこわも通販サイトで冷凍品を購入できるようになりましたが、何と言っても店頭で出来たてを手にする嬉しさは格別です。

直営の食事処ではこのおこわを使ったお食事膳をいただくこともできます。

群馬名物の「焼きまんじゅう」がおすすめ!

群馬県の郷土料理と言えば、焼きまんじゅうです。ふかふかに蒸したまんじゅうを味噌だれをつけて香ばしく焼いた、おいしいおやつです。冷めると固くなってしまうのでやはり1番おいしいです。自宅で作れば焼きたてをすぐに食べることができますが、これがけっこうな手間なんです。

まずまんじゅう生地を作るためには、パンのようにイースト菌を使って発酵させる必要があります。生地が発酵したら次は蒸し器で蒸します。生地を作っているあいだに味噌だれも作る必要があります。生地が蒸しあがったら、ついに最後の焼く工程です。

味噌だれをたっぷり塗りながらまんじゅうを香ばしく焼いていきます。作業自体はシンプルですが、いろいろな工程を経て作るので、けっこう面倒な焼きまんじゅう。なのであまり焼きまんじゅうを作ることはありませんが、作るときは、どうしても焼きまんじゅうが食べたいときか、他県の友達に焼きまんじゅうを紹介したいときです。手間をかけて作る分、食べたときのおいしさは格別です!

続きを読む

とっても美味な厚揚げ

製造販売しているお店は「藤井豆腐店」といって、場所は北海道札幌市中央区南5条東3丁目にあります。商品名は「豆腐風味 生あげ」といって、手作りで税込みで225円です。

商品名は「生あげ」となっていますが、その厚みのあることから「厚揚げ」と言ったほうが良いのではないかと思うくらいずっしりとしていて食べ応えがあります。

この生あげを知ったきっかけは、街中のある居酒屋さんのメニューに「藤井豆腐店の生あげ」というタイトルで記載されていて大変気になってオーダーをして食べたのが最初でした。

他の厚揚げや三角揚げなどとは比べられないほどの食感に皆で驚きました。私の自宅では6等分に切ったものをフライパンで焦げ目が軽くつくまで焼きます。後は生姜をおろして醤油をさぁーとかけてシンプルにいただきます。

主人は夕食にビールのお供として、家族は副菜の一品として味わっております。この生あげは北海道産の丸大豆を使用してます。遺伝子組み換えの大豆は使用してませんので安心です。是非一度お試しいただく価値は十分にあると思います。

上品な「おにぎりてまり」

仙台駅で新幹線に乗る時に必ず立ち寄るのが、駅ビルでもあるデパート「エスパル」。地下一階にある「おにぎりてまり」に行くようになったのは、地下鉄の自由通路に面したお店に、行列ができているのを見たからです。

「おにぎりに行列?」と不思議に思ってショウケースを見てみると、かわいくて上品なおにぎりがズラリ。しそひじき、まろやか梅といった家庭的なものから、松島おにぎりという不思議なネーミングのものまで、20種類はありました。

実際に購入してみると、サイズは小さめなものの、お米はふっくら、具はぎっしり!ひとつ200円以下というお値段ながら、「おいしいお米、食べたなぁ」という満足感で満たされました。うなぎ、わさび京菜、いなり寿司などの「特別感」のあるメニューは見た目も上品なので、ちょっとした手土産やお客様を呼んで食事をする時に重宝しています。

おにぎりという庶民的なメニューではありますが手頃なサイズとやさしい塩加減で、年齢層を問わず楽しめるお店です。

北海道のくじら汁はお正月の郷土料理

くじら汁は北海道のお正月によくつくられる郷土料理です。12月になるとスーパーの魚売り場にクジラが並べられます。毎年母が作ってくれて子供の頃からかかさず食べていました。父がくじら汁が大好きでたくさん作って毎日毎食食べでいました。

結婚してからはお正月に実家に帰ったときに母の作ったくじら汁を家族全員みんなで食べました。一昨年の秋、母が圧迫骨折で2カ月の入院をすることになりました。お正月を父ひとりで過ごさせるのは寂しいだろうと我が家に呼ぶことにしました。

そして母にくじら汁のレシピを紙に書いてもらい、初めて私が作ることに。いろいろな具が必要で買いものだけでも大変でした。1番大変だったのは鯨を切ること。脂分が多いので滑ってなかなか上手く切れず、大きさも形もバラバラ。

煮込んで出来上がったくじら汁を入院している母の元に持っていき食べてもらいました。『うん、美味しくできているよ。』と誉めてもらい、お正月に来た父にも喜んでもらえました。

続きを読む

太宰府天満宮の梅が枝餅が美味しい

日本中にお餅や焼き餅はたくさんありますがその中で一番おいしいと思ったのが梅が枝餅です。九州の太宰府天満宮の門前で売られている焼き餅です。

あんこの入ったお餅を店先で焼いて売られているのですが、材料などにさほど差がないお餅に味の差があるのかと思うのですがやはり美味しいものは違うんです。

伸びのあるお餅の中にほどよい甘さのあんこが入ったお餅を両面が綺麗なきつね色になっています。お参りする前に一つ買ってお参りした後にもう一つ買って帰りました。

お土産に10個購入して帰ったのですが、その日のうちに家族みんなでぺろりと頂いてしまいました。その美味しさが忘れられずに何度もネットで注文その美味しさが忘れられずに何度もネットで注文しているのですが、やはりあの山門で頂いた味が忘れられません。

近所のスーパーで買うお餅と何が違うのでしょうかね?こんなに美味しいお餅は是非とも全国の神社の門前で売っていただきたいものです。こんな話をしていたら梅が枝餅が頂きたくなってきてしまいました。

京都三十三間堂付近にある老舗和菓子「七條甘春堂」

京都の三十三間堂を観に行った際は必ず立ち寄る老舗和菓子の「七條甘春堂」。三十三間堂を向かう途中にあります。私は京都に行くたびに必ずこちらを和菓子(日持ちするもの)をお土産としてセレクトしています。和菓子はどれも色合いがキレイで京都に来たなぁという感じになります。

店舗の雰囲気も京都の古き良き雰囲気なので、外国のお客さんも多いです。中には喫茶スペースがあり、畳の上に上がっておいしい和菓子とお茶を頂けます。

京都観光の疲れを癒すにはピッタリの場所です。そちらの喫茶で私が頼むのはこちらのクズキリがとても美味しいの、こちらが入ったセットを頼みます。セットにすると、黒蜜が効いたクズキリとぜんざいと季節の和菓子とお抹茶がついて。豪華な和菓子のフルコースのようです。

甘い和菓子と渋いお抹茶で日本の和の良さを堪能できます。特に季節の和菓子は毎回彩りがとてもキレイで上品な甘さなので、抹茶と和菓子だけでも十分満足出来ます。素敵な老舗和菓子屋さん「七條甘春堂」。京都観光の一つとしてもとても楽しめます。

中村藤吉の抹茶だんごは安くて美味しい!

中村藤吉の抹茶だんごです。仕事で京都に出張に行くことが多かった時期があり、京都在住の同僚からお薦めのお土産を聞いたのがきっかけです。もちもちの食感と口に入れた時抹茶の香が広がります。抹茶だんごは宇治の名物で、抹茶をメインとしたスイーツを取り扱うお店です。

1串3つだんごがついており10本入りで持ち帰りでもかさ張りません。価格は648円でお手頃なのも嬉しいです。インターネットから取り寄せも可能です。JR京都駅内に店舗があり、帰りの新幹線待ちの間によく利用しています。

女性1人でも入りやすく抹茶だんごをはじめ抹茶スイーツをその場で食べられます。そば等の軽食もあるので、食事にデザートとして抹茶だんごや白玉入り抹茶ゼリーをセットで頼んでいる人もいます。

人気店で12時~15時頃は列ができてしまうので午前中か17時~18時の間が比較的空いています。店舗の横にお土産購入スペースもあるので食べる時間がない場合は購入して新幹線の中で食べても良いと思います。

続きを読む

1万円のおせちを買うときの注意点

おせちを通販するときに注意をしたいのは、期待をしすぎないことです。おせち通販はグレードもたくさんあり、数千円のものから1万円、10万円など価格帯も豊富です。

その中でも特にトラブルが多いのが5千円~1万円程度のおせちを購入した場合です。高額になってくるとそれなりに手も込んできますから、Web上で見ている画像と実際のおせちの状態にギャップはあまり起きないのですが、1万円の場合にはお店によって肩透かしをくらう可能性もあります。

もちろん良いお店もあるのですが、やはり画像の場合は明るさと彩度を上げて加工をしているので、エビの赤みがくすんでいたり、栗きんとんの黄色があまり鮮やかでなかったりと、細かいところが気になってしまいます。

そして1万円という価格がそのギャップに不満を感じさせる理由になるため期待しすぎないことが大切ですが、1万円の価格帯のものを利用する場合にはクチコミをしっかり見る等、評判を調べることも重要です。

オリジナリティ溢れる本格中華

福岡に引越してきた際、グルメな親戚に勧められて訪れたのが、福岡市中央区「ニイハオポンユウ」でした。中華料理の名店ということで、土曜の夕刻はほぼ満席状態。著名人にも人気ということで、壁にはサインもありました。こちらの一押しは「ピーマン炒め」。

名前こそ地味ですが、見た目のインパクトはものすごいものがあります!なんと丸ごとの大ぶりなピーマンが5、6個お皿に鎮座しているのです。豆をベースに味付けされており、何ともシンプルですがジューシーなのです。

ピーマンがジューシーとは想像し辛いかもしれませんが非常に強い火力で調理するからの味わいなんだそう。オーダーしてあっという間に出てくるのもまた驚きです。トマトの卵炒めも人気とのことで、こちらは何とも優しい味わい。

ナスの辛味炒めは絶品です。いずれも素材のうまみを十分に活かしており、そこまで濃くないのも高ポイント。2人で4000円ほどでしたが、大人数でいくとさらにお得に楽しめると思います。

通販で良いおせちを選ぶ

通販で、おせちを見ているのですが予約できる数が限られているんだなと思いました。中にはすごく少ないものもあったりするのです。なので、これから早く予約をして来年の分を用意していこうと考えているのです。早くしておかなくては、欲しいおせちが用意できません。

なので、これからちゃんと予約をしておきたいなと思います。ちゃんと用意をしておけば、お正月安心できます。人気のおせちは、すぐになくなってしまいます。おせちの中身によってやはり値段が全然違います。なので、どんなものを選んでいくかです。

でも、やはりおせちですからできるだけ豪華なものがいいのですが、豪華なものを見つつそして、値段が安いものがあればいいのかなと感じています。ですからおせち通販ならまだ間に合うのでちゃんと用意できれば、これからお正月を迎えるのも安心です。

お正月にはかかせないものなので、ちゃんと用意をしておきたいです。

続きを読む

思った以上に良かった「中華おせち」

正直、普通の「おせち」は買う気がしませんでしたが、「中華」ならという事で買ってみた事があります。感想を一言で言うと「想像以上に良かった」になります。実はおせち料理2018年早割の人気サイトで選びました。

日本のいわゆる「おせち」との最大の違いは、やっぱり中華なので肉類が多く、甘いものが少ないという事でしょう。どうも日本のおせちは、野菜中心(煮しめなど)な気がします。保存性を高めるためなのか、煮豆や栗きんとんなど、すごく甘いものも多いです。

また、縁起を担いで「めでたい」物を選んでいますから、どうも「美味しい」物は少ない様に思いますね。中華のおせち2018年であれば、そういう無理なこじつけの様な部分はありませんし、内容と値段のバランスは良いと感じました。

 

ちょっと高いのにしたので大きな海老とか入っていて、見た目にも豪華でした。


まぁ、「おせち」っぽい感じも欲しい、という事なのでしょうが、椎茸の煮物なども入ってはいましたが、味付けは中華(押しスターソースかと)で、なかなか美味しい。あと、自分的には、チャーシューがすごく美味しかったですね。

目先を変えて中華おせちを注文

お正月に欠かせない物といえばお雑煮とおせち料理ですよね。しかし私は典型的な伝統おせち料理ってちょっと苦手だったんですよね。一回くらい食べるんだったら良いのですが毎回おせち料理だとさっぱりし過ぎていて飽きてしまいます。

それから私は甘い料理が好きじゃないので栗きんとんとか煮豆が苦手。しかし今年は目先を変えてという事で中華おせちを注文しました。日本の大切な行事に中華料理なんてと祖父母はちょっと納得いかない様でしたが食べ始めると美味しいという事で好評でした。

ボリューム満点の食事が好きな私はチャーシューがとっても気に入りました。あと中華風の煮物みたいなのも変わった材料が使われていて美味しかったです。ただ中華ソーセージみたいなのは香辛料が私の口に合いませんでした。来年も中華おせちを頼みたいので

 

もっと色々な種類を増やしてもらいたいですねぇ。


中華おせちは比較的リーズナブルなので食材には鮮度の良い訳ありズワイガニも使用されていると思いますね。

定番の中華料理が一度に味わえます

足を怪我して入院していた母が、お正月に一時退院することになったのでおせちを送りたいと思いました。しかし普段から煮物や和食があまり好きでない母なので色々調べた結果、ちょっと変わった中華おせちを注文する事にしました。

これが大正解で私も元旦に顔を出して一緒にいただいたのですが、中華の定番料理が満載でみんなに大好評でした。特に美味しかったのはトンポーロウと海老のチリソース、酢豚でしょうか。デザートについていたゴマ団子も子供が喜んでいました。

 

味もボリュームも大満足でしたが・・・


これに温められるスープがついていたら最高だなと思いました。今回は4~5人前の二段重の中華おせちを頼みましたが、母は1人でもこのようなおせちが食べたいとの事なので、おせち通販で1~2人用の中華おせちも探してみたいです。

続きを読む

通販の洋風おせちがおすすめ

最近のおせちの種類の多さにびっくりしてしまいました。おせち料理は、和食、洋風、中華とあるので本当に驚いています。いつも和食の同じようなものばかりを食べているので、来年はちょっと変えてもいいのかなと思っています。

今年は、洋風とかどうなのかなと考えているのです。おせちに洋風はどうなのかなと思ったりするのですが、洋風はおいしそうだなと思います。いつも和食でなくてもいいと思うのです。

また洋風の方が子供たちも喜んでくれるような気がします。ちょっと変わったおせちというのもいいものだなと感じているのです。洋風のものを見てこれから注文をしていこうと思います。

洋風のおせちも、すごく豪華なのでびっくりしています。おせち通販ランキングでは今まで見たことがないような糖尿病でも食べれるような減塩・無添加おせちを提供する通販を選ぶ事ができるのでいいなと感じています。

おせちも、今では和食だけではないんだなと実感をしています。これから洋風のおせちが今からすごく楽しみになってきています。

おせち料理を通販で購入

我が家のお正月は、毎年自宅でゆっくり過ごすことになっています。本当はそれぞれの実家に新年のあいさつに行くべきだとは思うのですが、渋滞に巻き込まれて新年早々辛い思いをしたくないからです。

年末休みに実家に移動すればいいのかもしれませんが、共働きなので年末休みは家の大掃除の日と決まっています。子どももまだ小さいので、渋滞の最中に実家に行くよりは他の週末を狙って行くようにしているのです。

そんなわけで、自宅で過ごすお正月は家事も休んで極力ゆっくり過ごせるようにおせちをしっかり準備しています。秋口になると2017年のおせち通販の予約が始まりますが、その時点でおせちの検討を始めます。夫と私でそれぞれいいなと思うおせちを購入します。

一家に2つのおせちを購入するのかとびっくりする人も多いようですが、色々なおせちを食べることができるので気に入っています。美味しいので、すぐに食べきってしまい普通に夕飯の準備をしなくてはならない時もありますが。

2018年はお気に入りのおせち通販を利用

我が家のおせちは毎年お気に入りのネットショップで購入しています。結婚した当初は頑張っておせちを手作りして用意していたのですが、海外勤務をきっかけに作らなくなりました。一度おせちを作らない年末を経験すると、その楽さがやめられません。

人にもよるかもしれませんが、元々料理が好きでない私は作らなくていいのであればその方が助かる!と思ってしまう方なので我が家は毎年お馴染みのお店でおせち料理を購入しています。おせちは手作りしない代わりにと言うわけではありませんが、お雑煮はきちんと作るようにしています。

夫の実家は関西なので白味噌を使ったお雑煮ですが、私は東京出身なのでお吸い物系です。どちらのお雑煮も美味しいと思いますが、やはり作り慣れている東京のお雑煮を作ることが多くなってしまいます。夫には特に何も言われないのですが、義母からは関西のお雑煮も作ってね~とチクリと言われてしまいます。

続きを読む

▲ページトップに戻る